調理次第で変わる、にんにくの効能


一般に知られていないことですが、「にんにくはどんな風に食べても、得られる効能や効果が同じ」というわけではないのです。

調理の仕方ひとつで得られる薬効成分が変化することが、比較的最近の研究によって明らかになっています。


具体的に言うとまず着目すべきは、強い臭いのもととなる「アリシン」です。この「アリシン」こそが、にんにくの様々な効能・効力の源となる成分です。

『アリシンが多く含まれるにんにくこそ、よいにんにく』と言う研究者もいるほどです。


スポンサーリンク


にんにくには、これと似た名の「アリイン」という含硫アミノ酸が多く含まれています。

「アリイン」は無臭ですが、切ったりすりおろしたりすることによってその細胞が壊れ、酵素「アリナーゼ」によって分解されて「アリシン」に変わります。


「アリイン」が「アリシン」に変化することによって、にんにくが秘めていたさまざまな薬効が姿を現すことは、ぜひ覚えておきたいものです。

この「アリシン」は、成分としてはとても不安定な構造をしており、すぐに壊れてしまったり、あるいは他の成分と結びついてかたちを変えたがります。

切ったりしたあとのあの強烈な臭いも時間が経つにつれて弱まっていきますが、これは不安定な性質のアリシンが急速に破壊されてしまったためです。


臭わなくなっていいじゃない…とお思いかもしれませんが、アリシンが持っていたもろもろの薬効も同時に失われてしまっているわけです。

もっとも、アリシンの効能を維持する調理法はすでに発見されているので、特定の薬効に注目して摂取したい場合は、調理の仕方や方法に気をつけて行えばよいことになります。


次のコラム 「アリシン」の持つ、殺菌作用と抗酸化作用 では「アリシン」のさまざまな効能を、具体的にみていきます。


次の記事は「「アリシン」の持つ、殺菌作用と抗酸化作用」です。

ひとつ前の記事は「にんにくとは~食べる前に知っておきたい概要」です。


 すべての記事は⇒こちらから

スポンサーリンク

関連サイト


  • 納豆~その栄養と効能・効果の素晴らしさを知る
  • 脂肪肝の症状と治療 食事療法と運動
  • 高脂血症、何が問題か~原因と治療(薬・食事・運動)
  • 脳梗塞の前兆と症状~予防・治療の概要を知る


  • 本サイトの情報提供について

    本サイト「にんにく その効能・効果をざっくり学ぶ」は、にんにくとその効能・効果・栄養などに関わる情報のご提供が目的です。あくまで、これらに関わる広範な一般的知識と情報提供を行うことを趣旨としており、またこれらの情報提供行為により、何らの責任を負うものではありません。本サイトに登場する関連情報につきましては、ご自身の判断のもとご使用・ご利用いただくようお願いいたします。

    プライバシーポリシー

    本サイト内には、第三者配信(広告配信事業者としてのGoogle)による広告配信において「Webビーコン」「cookie(クッキー)」と呼ばれる技術を使用しているページがあります。Webビーコンは特定のページに何回のアクセスがなされたかを知るための技術であり、またクッキーはサイト利用者がウェブサイトを訪れた際にサイト利用者のコンピューター内に記録される小さなファイルです。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に基づく商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報を使用することがあります。但し記録される情報には、皆様の氏名やEメールアドレスや電話番号や住所などの、個人を特定する情報は含まれません。クッキーは皆様のブラウザを識別することはできますが、皆様自身を識別することはできません。クッキーを受け入れたくない場合は、使用しないよう拒否設定することが可能です。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法についてはこちらをクリックしてください。

    TOPPAGE  TOP