にんにくの効能を失わずに臭いを抑える


にんにくの臭いは実にやっかいなもので、「この臭いさえなければ、もっと食べられるのに…」という方も多いことでしょう。

食べた後のにおいを消す方法や食材は、かねてから様々に研究されてきたものの、その効果を十分に享受したままに臭いを完全に取り去ることができる決定的な方法は、残念ながらまだ見つかっていません


スポンサーリンク


このにおいには、 「アリシン」の持つ、殺菌作用と抗酸化作用 でご説明した「アリシン」が関係しています。

「アリイン」が空気中の酵素「アリナーゼ」に触れて「アリシン」に変わる過程で、あの臭いが発生します。

困ったことにこの「アリシン」の中に、にんにくたらしめる主な薬効成分が潜んでいます


「無臭にんにく」や「にんにくサプリメント」も同様で、それぞれ栄養価が豊富で健康には良くとも、残念ながらその中の成分としての「アリシン」は失われているのです。

ちなみに「無臭にんにく」は加工液に後から漬けるなどして人為的に手を加えたものですが、完全に無臭とまではいかないようです。


にんにくの臭いを極力残したくなければ割と話は簡単で、「加熱したり焼いたりして、他の料理と一緒に食べる」ことです。

「アリナーゼ」という酵素は熱に弱く、すぐにこわれてしまうからです。


アリインとアリナーゼが反応してできた「アリシン」も、タンパク質・脂質と非常に結合しやすいため、あわせて肉や魚の生臭さも消してくれる効果があります。

ステーキや魚を焼くときに、にんにくがよく使われるのはこのような理由によるものです。


ただしこのように加熱調理で臭いを封じ込めたとしても、不安定な「アリシン」も飛んでしまって、薬効成分の大部分が失われてしまいます。


薬効成分を維持しつつ臭いを最小限に押さえる調理方法としては、にんにくを切った後にオリーブオイルなど油にすぐに入れ、100度を超えない程度でこがさないようにゆっくりと熱します


いわゆる「ペペロンチーノ」、イタリアン・パスタの下地となるソース作りを、思い浮かべてもらうとよいでしょう。

こうすることでアリシンが油に溶け出し、薬効成分の大部分を保ったまま「アホエン」という物質がつくられます

ただし「高温で」油を熱してしまうと、せっかく生成されたアホエンが飛んでしまうため注意が必要です。


にんにくの効能の最大の素晴らしさは「アリシン」の摂取にあるとも言えますので、健康維持のためにもここは調理法を工夫して、その摂取に是非とも努めていただきたいものです。


次の記事は「「黒にんにく」「にんにく卵黄」、その他類似品の特長と効能」です。

ひとつ前の記事は「見落としがちな、にんにくの隠れた効能・効果」です。


 すべての記事は⇒こちらから

スポンサーリンク

関連サイト


  • 納豆~その栄養と効能・効果の素晴らしさを知る
  • 脂肪肝の症状と治療 食事療法と運動
  • 高脂血症、何が問題か~原因と治療(薬・食事・運動)
  • 脳梗塞の前兆と症状~予防・治療の概要を知る


  • 本サイトの情報提供について

    本サイト「にんにく その効能・効果をざっくり学ぶ」は、にんにくとその効能・効果・栄養などに関わる情報のご提供が目的です。あくまで、これらに関わる広範な一般的知識と情報提供を行うことを趣旨としており、またこれらの情報提供行為により、何らの責任を負うものではありません。本サイトに登場する関連情報につきましては、ご自身の判断のもとご使用・ご利用いただくようお願いいたします。

    プライバシーポリシー

    本サイト内には、第三者配信(広告配信事業者としてのGoogle)による広告配信において「Webビーコン」「cookie(クッキー)」と呼ばれる技術を使用しているページがあります。Webビーコンは特定のページに何回のアクセスがなされたかを知るための技術であり、またクッキーはサイト利用者がウェブサイトを訪れた際にサイト利用者のコンピューター内に記録される小さなファイルです。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に基づく商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報を使用することがあります。但し記録される情報には、皆様の氏名やEメールアドレスや電話番号や住所などの、個人を特定する情報は含まれません。クッキーは皆様のブラウザを識別することはできますが、皆様自身を識別することはできません。クッキーを受け入れたくない場合は、使用しないよう拒否設定することが可能です。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法についてはこちらをクリックしてください。

    TOPPAGE  TOP